FC2ブログ
現在の閲覧者数:
-------- --:-- | category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-01 23:32 | category:つれづれ
先日、かわいい靴を購入し、
今日の通勤にも履いていきました。
私は左足に比べて右足が若干小さいので、
右足の靴が大きめなのが難点なのですが・・・。

まあそういうわけで、その靴を履いてたんです。
そうしたら。
本日帰宅途中駅の階段で、
靴が・・・右足の靴が脱げました><
そして脱げて…まるでコントのように転がっていきました・・・下に・・・。

内心で
「ぅえええ!?」
と悲鳴を上げつつ振り返った私が見たものは、
転がり落ちてきた靴に驚き、
目線をあげた男子高校生でした(ウハー)。

片足裸足の私が哀れだったのか、
男子高校生、なんと靴を拾って持ってきてくれました。
(ありがとう!)

しかし。
渡す段になって、彼も困ったのでしょう。
靴を持ったまま無言。
こっちもなんといっていいかわからず無言(笑)。

ようや彼が
「あのこれ・・・」
と差し出してくれたので、
「あ、ありがとう、すみません」
と、こっちも気の聞かない返事をして終了しました。



微妙な空気を残しながら彼が去った後一番に思ったことは、
「とりあえず、真新しい靴でよかった」
でした。

(ボロ靴だともう、持ってきてもらうのも申し訳ないじゃないか!)

しかし、この靴じゃなければ
こんな事態は起こらなかったともいえるわけでして。
いやはや。
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。